Microsoft Open Innovation Expo 2018レポート

 2018.03.26  株式会社センシンロボティクス

本日3月26日、当社のエンジニア2名(泉、高林)がMicrosoft Open Innovation Expo 2018に出展しました!

このイベントは、新規ビジネスをリリースしている様々な業種の企業が参加し、クロスビジネスの交流・提携を図るイベント・・・ということで、当社はエンジニア2名が参加し当社の太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」を紹介しました!

今回は50社以上の企業が出展、出展企業ブース以外でも基調講演や企業のセッションが聞けます。こんな感じで、沢山の企業ブースが並んでいます。ブースはどこの業界に向けたソリューションなのか分かるように、金融業界向け・広告業界向け・小売り業界向け・製造業界向けという4つに色分けされています。

当社は製造業界向けのエリア、セミナールームA出入口のすぐそばでした。(好立地!?)

 

一般受付は12:00ですが泉と高林は午前中からMicrosoftさんの本社にいて準備していたそうです。こちらの写真はブース準備が完了したところ。ディスプレイではサービスの画面を動画で見られるようになってます。

この日のために作った、サービス案内のフライヤーもグリーンと青が基調でカッコイイ感じです♪

 

高林が来場の方に、サービスの説明をしているところです。沢山の方が来場されているだけでなく、ブース出展している企業同士での情報交換もでき、大変有意義なイベントでした。

余談ですが出展一覧の資料を見たところ、Microsoft Azureを使ってて今回のイベントに...という会社さんが多いようでした。(当社もです)

 

実際に太陽光パネルを業務で扱ってる&扱ってたという方々からもコメントを頂けました。今後のビジネスが広がりそうです!

最後に2人でポーズ★お揃いのVRJポロシャツが良い感じでした。(私もポロシャツで行けば良かった・・・とちょっと後悔w)

お疲れ様でした!

この記事が気に入ったらいいねしよう!