国際ドローン展2018 レポート

 2018.05.18  株式会社センシンロボティクス

当社は4月18日~20日の国際ドローン展に出展しました!
このイベントは幕張メッセで開催されたドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会です。
 

コンセプトは【 日常業務の圧倒的な効率化を実現 】です!

当社のブースでは以下3つのテーマそれぞれにおいて、どのように「日常業務を圧倒的に効率化」するのか説明させて頂きました。

こちらがパネルにしたデータです。当日はパネルの上記の黒い四角はディスプレイをはめ込み、それぞれのテーマごとに紹介の動画を流しました。

 

実際のブースはこんな感じです。3つのテーマはブースの奥に設置し、向かって右側は太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」、左側はドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」の紹介スペース。

 

こちらのパネルはブース内セッションのプログラムです。

①VRJサービス紹介、②オンライン研修サービス、③太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」、④ドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」、⑤3つのテーマ「巡視点検・災害対策・警備監視」の導入事例、という5つのセッションをご用意しました。

 

こちらが実際のセッションの様子です。セッションのスピーカーである、役員の船津が埋もれて見えません(笑)時間帯やテーマにもよりますが、ブースから溢れてしまうほど沢山の方にお立ち寄り頂け嬉しかったです。

 

実際に対応した社内メンバからコメントをもらったのでご紹介します!

セールス担当 森田からのコメント

既存顧客、アプローチ先顧客と直接接点を持てたことで、
現場の生の声を聴かせて頂き勉強になりました。
また、ドローン代替可能なシーンで当社ソリューションが顧客の関心とニーズに
応えられる感触を得ました。

現在は営業部メンバーが展示会の営業フォローを行っておりますが、
当社ソリューションを求める企業様への早急なアプローチを進めていきます。

 

 

国内のドローン市場も黎明期から普及期に入っていると言われ・・・かなり手ごたえがあったようですね。最後に、3日め対応したメンバの集合写真です。お疲れ様でした!

 

現在、セールス担当を中心に事業開発部メンバも含め対応していますが・・・今回の出展が新しいお客様・新しい社内プロジェクトに繋がっています♪毎週会社全体で行っている「情報共有会」で進捗が共有されるので、私も毎週とっても楽しみにしています。

実は社内的には次の出展(!)が控えてますので・・・またイベント含め、当社について紹介させて頂きます!ではまた!

 

この記事が気に入ったらいいねしよう!