メンテナンス・レジリエンス2019イベントレポート

 2019.08.20  株式会社センシンロボティクス

image-13

2019年7月24日(水)~26日(金)に開催されました「メンテナンス・レジリエンス 2019/インフラ検査・維持管理展」では、弊社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました!

展示会ではドローンの全自動運用を実現させる当社の様々なソリューションを展示、セミナーやデモンストレーションを交えながらご紹介しました。

展示ブースやセミナー内容の一部をレポートします!

 展示サービス

インフラ点検に特化した当社の”専心”サービスを5点を展示しました!

また、今回はドローンの全自動運用を可能にする「SENSYN DRONE HUB」の実機を株式会社フジタ様のブースにて展示しました!

セミナーの様子をちらっとご紹介!

会期中は当社ブースにてセミナーを行いました。
毎回展示会では当社ビジネス開発兼CS担当部長船津が担当しているのですが、毎回大盛況!
船津は人を寄せる力があるに違いない…と社内でも評判です笑

セミナーでは、当社のサービスの他にドローンの活用した点検事例をご紹介しました。

当社は元々ドローンで撮影した映像を遠隔地・多拠点に共有する映像伝送サービスから事業を開始しました。現在では自動航行を活用した自動航路設定から業務実績管理プラットフォームに注力しています。
当社はドローンの機体を販売するのではなく、DaaS(=Drone as a Service)型、つまりドローンとソフトウェアとセットにし、サービスとして提供しています。

我々は、ドローンだけでなく『ロボティクスの力で社会の当たり前を進化させていく。』をミッションとして掲げています。少子高齢化による労働人口の減少、頻発する災害、老朽化するインフラの作業者の安全確保…。こういったところに対して今行っている業務の効率化としてドローンを入れるのではなく、業務自体を抜本的に変えていく。人が行っている作業やレポートを”完全自動化”して日本の社会課題を解決していくことに力を入れています。


事例などを含むレポート詳細については↓からダウンロードいただけますのでぜひチェックしてみてください!

レポートのダウンロードはこちら

 

この記事が気に入ったらいいねしよう!