不動産物件管理DXProperty Hub

物件ごとに課題やファイル、360°パノラマを一元管理することができるクラウドアプリケーションです。
関連各所とのハブとなり、業務効率化を実現します。

Property Hub

不動産物件管理の現場(PM、BM)の困りごと

こんなことで困っていませんか?

  • 現場往訪にかけている時間が多く
    業務を圧迫している

    不具合箇所や作業結果の確認のために、現地確認する必要があり、現場の往訪が業務の負荷に繋がっている。

  • 現場の状況把握のためのコミュニケーションに時間を要している

    現場の状況を把握するために催促の連絡をしたり、作業完了報告のためにレポートを作成したりと、現場と管理者とのやりとりに手間がかかる。

  • 物件の情報管理ができておらず
    資料を探すのが手間

    物件にまつわる過去の対応内容や見積り、図面などさまざまな情報が一元管理されておらず、探し出すのに時間を要している。

Property Hubでできること

不動産物件管理の現場のハブとなり、業務効率化を実現します

  • POINT 1現場往訪を最小限にし関係者全員
    と現場の状況共有が可能

    360°パノラマ画像で現場の位置情報を遠隔で把握ができ、管理者が現場に往訪することなく確実な情報共有が可能になる。

  • POINT 2リアルタイムに対応状況を可視化
    して解決のスピードアップ

    物件単位で現場の状況を管理でき、モバイルですぐ確認・報告が可能なため、問題解決速度が早まる。

  • POINT 3物件ごとの資料や過去の対応内容
    を一元管理

    物件ごとのファイル、日々の現場対応内容を蓄積することにより、情報がまとめて管理され、必要な時に簡単にアクセスができる。

現場往訪を最小限にし、
関係者へ現場の状況共有が可能

機能

  • ・360°パノラマ画像上で課題や設備情報を共有・管理
  • ・物件ごとの課題の対応状況(担当者・期日・ステータスなど)の可視化

Point

  • ・現場に行かなくても不具合が起こった地点や設備に関わる情報がわかる
  • ・システムにアクセスできるすべての人が対応状況の把握が可能
現場往訪を最小限にし、関係者へ現場の状況共有が可能

リアルタイムに対応状況を可視化して、
解決のスピードアップ

機能

  • ・モバイル対応
  • ・導入企業社員に加えて、業務委託先の企業とのコミュニケーションが可能
  • ・課題へのコメントや更新情報があるとメールとモバイルに通知

Point

  • ・モバイル対応で外出の多い関係者のスキマ時間業務を可能にする
  • ・状況確認や対応完了報告のもれが減る
  • ・コミュニケーションを円滑にする
リアルタイムに対応状況を可視化して、解決のスピードアップ

物件ごとの資料や過去の対応内容を一元管理

機能

  • ・物件情報管理
  • ・物件に紐づくフォルダ管理
  • ・アクセス制限が可能なファイルの添付
  • ・360°パノラマの履歴管理、課題・設備情報のデータ蓄積

Point

  • ・機密性の高い見積り等のやり取りもシステム上で完結
  • ・データを物件に紐づけて残せるため、過去の類似工事状況を把握できる
物件ごとの資料や過去の対応内容を一元管理

Property Hubによる不動産物件管理DXで、業務効率化を実現しましょう

まずはお気軽にご相談ください。最適なソリューションをご案内いたします。

お問い合わせ