総務省消防庁様 『ドローン運用アドバイザー』の育成研修

全国の消防本部にドローンを普及させるためのアドバイザーの育成

 

ドローンはヘリコプターが近づけない現場等での活用が期待されています。大規模な火災の場合、熱画像カメラを搭載して飛ばせば、火元の特定や被害状況の把握につながります。また、土砂崩れ等の災害現場では、行方不明者の捜索にも役立ちます。

総務省消防庁では、災害現場での更なるドローンの利活用のため、操縦に精通した消防職員を育成する方針で、2019年度後半から全国の消防職員を対象に研修を始め、参加者を『ドローン運用アドバイザー』に認定。2023年度までに計135人を育成し、ドローンを導入していない消防本部を対象に講師役として派遣するとしています。

ドローン運用アドバイザー育成研修は、ドローンを導入していない消防本部に派遣する講師=『ドローン運用アドバイザー』を育成するために実施いたしました。今回は研修の初回として全国から集まった消防職員15人へ研修を行いました。

研修で行った内容

「令和元年度無人航空機運用アドバイザー育成研修」

場所:福島県ロボットテストフィールド
日程:2020年1月29日~1月31日

・e-learning座学、筆記試験
・市街地/土砂崩落/災害現場 を想定
・STM for sUAS(標準試験方法)

3日間の研修は実技訓練を中心に行いました。

参加者様の声

・安全に関する訓練、自分の技術を磨くことができました。今後の消防業務に活かしていきたいと思います。
3日間の研修で学んだ技術を持ち帰って県内に広めていきたい。
・ドローンのすばらしさ、安全配慮の難しさなど、多くのことを学ぶことができました。本部に戻ったら、学んだ技術を多くの職員に還元していきたいと考えています。


今回本研修を修了した消防職員15名は『ドローン運用アドバイザー』に認定されました。
総務省消防庁によると、全消防本部726本部のうち201本部が無人航空機を保有していますが、活用実績があるのは139本部にとどまっています。*(令和元年6月現在)
今後『ドローン運用アドバイザー』は各地に派遣され、災害時の効果的・効率的な情報収集を行うためのアドバイザーとして活動を行います。

*総務省消防庁「令和2年 消防の動き」より引用 https://www.fdma.go.jp/publication/ugoki/items/rei_0202_11.pdf

センシンロボティクスは、ドローンを始めとするロボティクス技術を活用した防災・減災に貢献にしてまいります。

ロボティクスソリューションを活用した業務効率化をはじめましょう。

まずはお気軽にご相談ください。お客様に合わせた最適なソリューションをご案内いたします。

お問い合わせ