センシンロボティクスとドーム、 スポーツ分野のドローン活用において協業 -第一弾としていわきFCでのサッカー戦術策定に活用-

 2019.05.27  株式会社センシンロボティクス

DaaS型ドローンソリューションによる業務の完全自動化を目指す株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:間下直晃、以下センシンロボティクス)と株式会社ドーム(本社:東京都江東区、代表取締役CEO:安田秀一、以下 ドーム)はこの度、スポーツ分野のドローン活用において協業に合意しました。

 

 
本協業により、センシンロボティクスのドローンソリューションと、ドームが持つアスリートサポートに関する知見の相互利用が実現。スポーツ分野における新たなビジネスモデルの創出を目指します。
 
まず第一弾として、ドームの関連会社である株式会社いわきスポーツクラブが運営するサッカーチーム「いわきFC」(東北社会人サッカーリーグ1部所属)において、ドローン技術を活用したサッカーのフォーメーション戦術の分析を行います。試合や練習風景を上空から撮影し、これまでにない視点からプレーをチェックすることで、より高度な戦術構築や技術指導の質の向上が見込まれます。
  • 取得できる主なデータ項目
    ピッチ全体の俯瞰映像、ボールの動き、選手間の距離、状況別ポジショニング、ゴールシーンの振り返り、他。
将来は、撮影した映像をデータベース化した、より高度な戦略や映像共有をしながらの戦略策定などにも対応する予定です。

また、チーム強化のための活用だけでなく、ドローンで撮影した映像を配信することによる、スポーツファンへの新たな視聴体験の提供についても取り組んでいきます。

 
従来の視点従来の視点

上空からの俯瞰図ドローンによる上空からの俯瞰
 

協業の内容

以下の協業を両社で進めていきます。

  1. スポーツの戦略的データ分析技術の共同開発におけるセンシンロボティクスのドローンソリューションと、ドームの持つアスリートサポートの知見の相互利用
  2. センシンロボティクスのドローンソリューションによるコンサルティング支援
センシンロボティクスとドームは、いわきFCの事例で蓄積したデータやノウハウを、他のスポーツにおける戦術策定などにも応用。日本のスポーツ界の発展への貢献を目指します。

ドームについて

1996 年創業。テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション (ドームアスリートハウス)などの事業を展開。「社会価値の創造」「スポーツを通じて社会を豊かにする」という理念のもと、豊かな社会作りに貢献することを目指します。詳細な情報は、web サイトを参照ください。

本社所在地:東京都江東区有明1-3-33
設立:1996年 5月
代表:代表取締役CEO 安田 秀一

URL:http://www.domecorp.com/

 センシンロボティクスについて

2015年10月の設立以降、『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、ロボティクスの力により業務の完全自動化を実現することで、設備点検、災害対策、警備・監視を中心とする様々な領域における、目の前に差し迫った具体的な社会課題に対してチャレンジを続けていきます。

DaaSとは…Drone as a Serviceの略。顧客はドローンを購入することなく、センシンロボティクスのドローンソリューションをサービスとして利用することが可能です。ドローン導入・運用コストの低減やメンテナンス・アップグレード作業からの解放といったメリットがあります。

URL:http://www.sensyn-robotics.com

 

Archive「過去のお知らせ」