センシンロボティクス、Japan Drone 2019に出展!コンセプトは「ドローンの全自動運用を実現、先進のソリューション。」

 2019.03.06  株式会社センシンロボティクス

Japan Drone logo
株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:間下直晃、以下センシンロボティクス)は、2019年3月13日(水)~15日(金)に幕張メッセにて開催される「Japan Drone 2019」に出展いたします


コンセプトは「ドローンの全自動運用を実現、先進のソリューション。」

Japan Drone Booth当日、ドローンの全自動運用を実現させるセンシンロボティクスの新しいソリューションを実機展示、およびデモンストレーション交えながらご紹介いたします。

会場のオープンステージで開催される出展者ワークショップでは、3月15日(金)14:40~15:00に、センシンロボティクスが参加し、ドローンによる業務自動化の実現方法や新サービスのご紹介など、事例動画をお見せしながら詳しくご紹介!

また、弊社が開発する顧客業務の自動化を実現する総合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」が「Best of Japan Drone Award」ソフトウェア部門にノミネートされました!
3月15日(金)16:00~オープンステージにて、プレゼンを行い、最終審査のうえ最優秀賞が決定いたします。

ぜひこの機会にご来場いただき、弊社ブースまでお立ち寄りください!

主な展示製品

1. 完全自動運用ドローンシステム
ドローンの自動離着陸・自動充電・自動データリンク機能を備えた完全自動運用のドローンシステム。

2. ドローン業務自動化プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」
特別な知識や技術がなくてもドローンによる業務自動化を簡単に実現させる総合プラットフォーム。

3. SENSYN DC(センシン ドローンコミュニケーションサービス)
ドローンで撮影している映像を、遠隔地かつ多拠点でリアルタイムに共有しコミュニケーションを取ることができるサービス。 

ソリューションの一覧はコチラ

Japan Drone 2019について

日本最大!唯一のドローンに特化した『単独開催』の専門展示会。
2018年3月に開催された第3回では出展者160社、来場者11,000人超。2019年は、よりB to B色を強めるため、開催曜日が平日に変更。ドローン業界の大きなテーマである目視外飛行・夜間飛行の実現なども視野に入れ、ドローンに関わる様々なビジネス分野をターゲットとして開催されます。

会期:2019年3月13日(水)~15日(金) 10:00~17:00
会場:幕張メッセ 展示ホール3(ブース番号:H-14)
住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
入場料:2,000円(税込)※以下URLより事前来場登録をしていただくと無料!
URL:https://eventregist.com/e/japan-drone2019

 センシンロボティクスについて

2015年10月の設立以降、ドローンなどのロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開しています。特に、自動化/汎用化の取り組みを推進していくことで、省力化・無人化も含めた新しい業務のあり方・実現の仕方を提案し、日本が直面している社会課題に応えるとともに、課題先進国である日本で培った多彩なソリューションを世界に向けて発信していきたいと考えています。
URL:http://www.sensyn-robotics.com

 

Archive「過去のお知らせ」