社会インフラDXのリーディングカンパニーである株式会社センシンロボティクス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北村卓也、以下「当社」)は、「屋内点検ソリューション」に「誰でも使える」「現場にいつでも持っていく」をコンセプトに開発したデバイスを加えた新たなサービスを2023年12月より提供開始します。
このデバイスを用いると、屋内においてGPSが入らない環境での高所アプローチが可能になり、建設現場やプラントの目視点検の代替、また暗所に強い特徴を活かしタンク・サイロ・トンネルなどの点検を容易に実現します。
*デバイスは株式会社竹中工務店、株式会社アクティオと共同開発
*「BIM×Drone」サービスにおいても採用されています

製品ページ:https://www.sensyn-robotics.com/product/sensyn-explorer


ep-1_mainEp-1_subsensyn-explorer-features01
これまで屋内や閉鎖空間でドローンを用いてデータを取得するには、位置情報が取得できないことで機体が安定しない大きな課題があり、限られた技能者による操作が必要でした。取得データを活用するソフトウェア提供に主眼を置く当社は、「誰でも使える」をコンセプトに必要な機能を厳選しデバイスを企画・開発しました。
今回紹介するデバイスは、センサを用いたポジションホールド機能により、誰でも簡単に安定した操作を実現します。


*「BIM×Drone」は株式会社竹中工務店、株式会社アクティオ、株式会社カナモトと共同開発した、BIM上で飛行ルートの作成や機体の自己位置を表示することで、GNSSを取得できない屋内環境自動におけるドローンの自動飛行を実現するサービスです。
*デバイスはJP Drone株式会社の開発協力により、設計・製造を行っています。

「新デバイス」の特徴

Point1:誰でも簡単に、抜群の安定感
精度の高いポジショニング技術を用いた姿勢制御
Point2: 屋内の暗所・狭小空間でも点検できる
トンネルやサイロ・タンクなどの低照度環境における安定した操作
Point3:取得データの簡単管理
「SENSYN CORE」を利用して、撮影データの管理が可能

センシンロボティクスについて

センシンロボティクスは『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、企業や社会が抱える課題を、ロボティクス技術で解決する社会インフラDXのリーディングカンパニーです。
設備点検・災害対策・警備監視・現場管理など、業務における「労働力不足・ミス防止・安全性の向上・時間・コスト」や災害発生時の迅速な対応など企業や社会が抱える様々な課題を解決するためのテクノロジーとソリューションを提供しています。
豊富なプロジェクト実績で得られたノウハウを活用し、シナリオ策定から実証実験、実業務への定着化まで一気通貫で支援、老朽化する産業インフラや社会インフラの点検や、少子高齢化による労働人口の減少、激甚化する災害対策といった社会課題の解決を目指します。

本社所在地:東京都品川区大井一丁目28番1号 住友不動産大井町駅前ビル4階
設立:2015年10月
代表:代表取締役社長 CEO 北村卓也
https://www.sensyn-robotics.com/