センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する 統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」の提供を開始

 2019.03.06  株式会社センシンロボティクス

株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:間下直晃、以下センシンロボティクス)はこのたび、顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」の新製品を発表、提供を開始いたしました。

実際の業務における活用を通し寄せられた要望を元に、格段にユーザビリティを向上、UI、UXデザインも刷新した製品となっております。

詳細情報 https://www.sensyn-robotics.com/solution/sensynflightcore

SENSYN FLIGHT COREの概要

サンプル設定を元にしたかんたんなフライト設定、フライトプラン・実績データの一元管理、その他の充実した拡張機能を備えた、顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォームです。

 サービス特徴

かんたんなフライト設定

  • ウェイポイント飛行:ドローンを飛行させるウェイポイントと、各ウェイポイントでの機体アクションを個別に設定することができます。
  • エリアスキャン:太陽光発電所点検や測量など特定のエリアを指定することで網羅的に撮影する飛行ルートを自動生成することができます。

 waypoint+

地図上にウェイポイントを指定してルート設定

 

areascan+

エリアを選択すると飛行ルートを自動生成

 

フライトプラン・実績データの一元管理

ドローンのフライトログデータはサーバーに自動的に保存され、飛行実績画面から確認することができます。また、撮影データは画面上でアップロードすることで、容量が大きく今まで一括管理が難しかったデータを飛行実績に紐づけて保存・一元管理することが可能です。ドローン関連業務に必要な情報を集約することができ、業務管理が容易になります。
保存した画像データは他の業務特化アプリケーションに連携することが可能です。

archive+

 

充実した拡張機能

複数機での同時飛行や様々なメーカーのドローンへの対応、UTM*への接続など、業務の自動化に不可欠な充実した拡張機能を備えており、多様な業務への対応が可能です。また、今後はウェイポイント飛行、エリアスキャン以外の様々な撮影方法も実装していく予定です。
*UTM…無人航空機管制。Unmanned Aerial System Traffic Managementの略。

開発経緯

昨今の産業シーンの課題として、工場・倉庫棟など高所の危険区域での点検業務における効率化や作業者の安全確保、地震・水害・火災といった大規模災害時における被災エリア随時監視・管理が求められるシーンでの人員・人的スキルの確保維持や移動・保守にかかる費用負担軽減、安心安全な運営を実現する難しさ、作業員の高齢化と深刻化する人手不足などがあげられます。

センシンロボティクスでは、この社会課題解決のためのキープロダクトとして注目される、ドローンを活用した産業ソリューションにおいて、実際の業務に適用する際の「ドローンの操縦や撮影された映像の確認作業を行うためのオペレータ(人力)の不足」や「その育成・確保にかかる工数」といった問題を解決する方法として、ドローン活用業務の完全自動化を推進し、これを実現するべく、サービスのテスト運用に基づく改良を続けてまいりました。

このたび、実際の業務活用を通した顧客の要望を反映した新製品、業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」を発表するに至りました。『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』という当社のビジョン実現に向け、まさに「核(コア)」となるソフトウェアです。

 

Japan Drone 2019出展概要

弊社ではこのたび発表いたしました「SENSYN FLIGHT CORE」をはじめとした新製品を、313日より幕張メッセにて開催されます、国内最大級の民間ドローンおよび産業用ドローンソリューションの展示会&コンファレンスイベント「Japan Drone 2019」に出展、会場にて実機およびサービスの展示・お披露目をさせていただきます。

本日リリースの「SENSYN FLIGHT CORE」とドローンコミュニケーションサービス「SENSYN DC(センシン ドローンコミュニケーションサービス)」および完全自動運用ドローンシステムの新製品とを連携させた実機デモンストレーションをさせていただきます。ご来場の際は、ぜひとも弊社ブースにお立ち寄りくださいませ。

また、顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」がBest of Japan Drone Award』ソフトウェア部門にノミネートされました。

315()16:00~オープンステージにて、プレゼンを行い、最終審査のうえ最優秀賞が決定いたします。ぜひこの機会にご来場いただき、弊社ブースまでお立ち寄りくださいませ。

催事名:              Japan Drone 2019
日時:                  313()315() 10:00 ~ 17:00
会場/ブース:    幕張メッセ No. H−14
主な展示製品: 
・完全自動運用型ドローンシステム
・顧客業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE
・ドローンコミュニケーションサービス「SENSYN DC
・画像認識・解析サービス

 

 センシンロボティクスについて

2015年10月の設立以降、ドローンなどのロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開しています。特に、自動化/汎用化の取り組みを推進していくことで、省力化・無人化も含めた新しい業務のあり方・実現の仕方を提案し、日本が直面している社会課題に応えるとともに、課題先進国である日本で培った多彩なソリューションを世界に向けて発信していきたいと考えています。
URL:http://www.sensyn-robotics.com

 

Archive「過去のお知らせ」