センシンロボティクス、ドローンの自動航行プラットフォーム 『SENSYN FLIGHT CORE』に、鉄塔や煙突など塔状の建造物の 点検飛行ルートを簡単に作成できる機能を追加

 2019.11.05  株式会社センシンロボティクス

設備点検・災害対策・警備監視の領域を中心にドローンによる業務の完全自動化を目指す株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村卓也、以下センシンロボティクス)は、ドローンの自動航行プラットフォーム『SENSYN FLIGHT CORE』に、鉄塔や煙突など塔状の建造物の自動航行が容易に行える機能(タワースキャン機能)を追加しました。

towerscan_kakou

今回のアップデートでは、塔状の建造物の点検飛行ルートを自動的に作成できる機能を追加実装しました。対象建造物の位置、高さ、大きさを入力するだけで、通信鉄塔や煙突などの建造物を対象にした点検飛行ルートを簡単に設定できるようになりました。生成されたルートに対して、上下動の動きを繰り返しながら構造物全体をくまなくスキャンする飛行を行います。

また、自動航行ルートの確認をするプレフライト機能を新たに実装。本番で実行する飛行ルートのリハーサルをすることで、ユーザー側で安全性の検証を行う事が可能となります。

これにより、ユーザーはドローンによる建造物の点検業務を格段に効率化する事ができます。

従来、通信鉄塔点検などでドローンを活用する際には、一つ一つのウェイポイントをマニュアルで設定していく膨大な作業が必要でした。特に10m級以上の構造物を対象にドローン点検を実施する際には、カメラアングル・ドローン機体の向き・飛行高度などを考慮しながら数十点ものウェイポイントを人手でプロットする作業が必須であり、ルート作成にかかる手間が現場でのドローン点検普及を妨げる要因の一つでもありました。

今回開発したタワースキャン機能では手作業による余計な工数をかける事なく、点検飛行ルートを瞬時に生成する事ができますので、簡単にドローン点検業務を始める事が可能です。

SENSYN FLIGHT CORE』は、これまでにも壁面スキャン機能の追加や3Dマップ対応など、顧客の業務自動化を目指すために必要な機能のアップデートを行ってまいりました。

センシンロボティクスは、これからもドローン活用業務の完全自動化を実現するためのアップデートを続けてまいります。

SENSYN FLIGHT COREについて

SENSYN FLIGHT CORE』とは、特別な知識や技術がなくてもドローンによる業務自動化を簡単に実現させる総合プラットフォームです。簡単なフライト設定を行えるだけでなく、フライトプラン・実績データの一元管理、複数機での同時飛行や様々なメーカーのドローンへの対応、UTM*への接続など、業務の自動化に不可欠な充実した拡張機能を備えています。
*UTM…無人航空機管制。Unmanned Aerial System Traffic Managementの略。

FLIGHT CORE』は、株式会社センシンロボティクスの登録商標です。
本書面に記載されている会社名、製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

センシンロボティクスについて

2015年10月の設立以降、『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、ロボティクスの力により業務の完全自動化を実現することで、設備点検、災害対策、警備・監視を中心とする様々な領域における、目の前に差し迫った具体的な社会課題に対してチャレンジを続けていきます。
http://www.sensyn-robotics.com

DaaSとは…Drone as a Serviceの略。顧客はドローンを購入することなく、センシンロボティクスのドローンソリューションをサービスとして利用することが可能です。ドローン導入・運用コストの低減やメンテナンス・アップグレード作業からの解放といったメリットがあります。

本社所在地:東京都渋谷区恵比寿二丁目36番13号 広尾MTRビル7階
設立:201510
代表:代表取締役社長 北村卓也

 

Archive「過去のお知らせ」