ブレード点検アプリケーションBLADE Check

風力発電設備のブレードの保守業務を効率化する業務アプリケーションです。これまで地上から撮影、目視点検など人が実施していたブレード点検を、ドローンを活用したデジタル化を行うことにより、点検工数の削減、ブレード点検品質を向上させます。

BLADE Check画面

こんなことで困っていませんか?

  • 点検するために長時間、設備を停止しなければならない
  • 高所点検は安全面でリスクがあり、担当者によって点検品質がバラバラ
  • 損傷判定や登録に時間がかかりすぎる
  • 点検後の撮影画像の整理や管理が大変

風力発電設備のブレード点検の課題解決を支援します

プロダクト全体像

  • 1.Robotics:データを「取得」する

    データを「取得」
  • 2.AI:データを「分析」する

    データを「分析」
  • 3.Design:データを「利活用」する

    データを「利活用」

特徴

  • ルート作成

    POINT 1風車型式に応じた飛行ルートを
    自動生成

    風車型式に依存するデータはマスター保持し、当日点検に必要な最低限のデータを入力することでドローンの飛行ルートを自動生成します。

  • 損傷有無を一次判定

    POINT 2AIによる損傷箇所の一次判定
     

    撮影した画像データをAIが画像解析し、損傷有無を一次判定します。

  • 過去データ比較

    POINT 3画像データの自動振り分けと
    過去データ比較

    取得した画像データをサイト別や撮影方向別などに振り分けて分類管理します。過去データと比較することで適切な保守計画の立案が可能です。

紹介動画

BLADE Checkの紹介動画はこちらからご覧いただけます。

導入効果

1

設備停止時間の短縮

ドローンでの自動点検により点検作業の効率化を実現し、設備停止時間を短縮(従来比1/3)することができます。

2

安全性向上、点検品質の均質化・属人化回避

ドローンの自動飛行機能を利用し、高精細な撮影を行います。安全性を確保しつつ、作業者の習熟度、経験、撮影スキルに依存することなく、均質な点検をすることができます。

3

省力化(現場作業、点検作業、補修計画策定)

面倒な画像仕分けは、風力発電設備ごとや撮影方向ごとなどに自動で振り分けて分類管理が可能です。また、AIが損傷有無を一次判定し、点検診断の省力化を実現します。

4

有機的なデータ管理

データを適切に蓄積し、それら有機的に管理します。補修タスク管理( ※近日公開)、保守計画策定にも寄与します。

ロボティクスソリューションを活用した業務効率化をはじめましょう。

まずはお気軽にご相談ください。お客様に合わせた最適なソリューションをご案内いたします。

お問い合わせ