災害対策被災状況確認

災害発生後、被災箇所や被災概要を把握し、復旧優先度・被害拡大の防止策を検討を行うことができます。
防災用ヘリコプターや飛行機がすぐに飛行できない場合、より詳細な情報を把握したい場合に役立ちます。

導入メリット

災害後の状況確認をいち早く行い、
意思決定者とリアルタイムで情報共有を行う

  • 広域エリアを同時確認

    複数機の制御が可能なため、広域エリアを一度に飛行させることが可能です。

  • 迅速な意思決定

    ドローンからの映像リアルタイムで各拠点に共有できるため、迅速な意思決定を行うことができます。

無人機管制システム(UTM)と連携し、ドローンによる避難経路の確認が可能

ドローンで撮影された複数避難経路のリアルタイム映像と、それぞれの機体情報が集約された危機管理室

2019年に四国電力伊方原発での事故を想定して実施された防災訓練では、同時に9機の制御を実現した

ご利用の流れ

日本全域に対応可能です

シナリオ策定

貴社が対象とする点検対象を明確にしたうえで、サービスの導入計画、採算性(投資対効果)の算出、ビジネスモデルなどを作成します。

技術選定

機体やカメラの選定、飛行ルートやなど、点検を実現するための要件をまとめます。

実証実験

業務プロセス改善やビジネス性の評価を実施します。

共同プロジェクト

点検対象や貴社の目指す方向性に応じて、自動飛行のシステムを開発します。

定着化

貴社内で点検業務を実行する際に生じたトラブルや不明点に対して、弊社の運用チームが電話やメールなどでサポートします。

まずはお気軽にご相談ください。
お客様に合わせた最適なソリューションをご案内いたします。

迅速に対応するための災害対策をはじめましょう。

お問い合わせ