知財・特許

知的財産権についての考え方

当社の全ての役員及び従業員が遵守する「SENSYN ROBOTICS 行動規範」において、
知的財産権についての考え方を以下のとおり定めております。

  1. 研究・開発活動、その他の業務により得られた知的財産権(発明・創作、特許、実用新案、意匠、著作物、商標、ノウハウ、技術情報等)は、当社の重要な資産であり、その適切な保護と有効利用に努める。
  2. 他者の知的財産権を尊重し、故意に第三者の知的財産権を不正使用したり侵害したりしてはならない。

知的財産権の適切な保護と有効利用について

当社は、社会インフラDXのリーディングカンパニーとして、企業や社会が抱える課題を解決するロボティクス技術を開発し、国内外において様々なパートナー企業様と共にロボティクス技術の社会実装を目指しています。
このため、当社は、技術開発の成果を戦略的に権利化し技術提携の基盤としつつ将来的な標準化をも見据えております。当社が保有する特許は、当社のライセンス・プログラムを通じてマーケットの拡大を図るための協調領域と、当社の実績やノウハウ等に基づいて開発された成果を当社が独自に供給し続けるための競争領域とに区分けされ管理されております。

他社の知的財産権の尊重について

全ての役員及び従業員に対し、知的財産権に関する啓蒙活動を継続的に実施し、他社の知的財産権を侵害することのないよう努めております。
また、社内外の専門家による他社の知的財産権の調査及び分析を通じて、研究開発段階において自他の技術的差異を認識し、他社の知的財産権を尊重しつつ、より進んだ自社技術の開発を推進しております。

ロボティクスソリューションを活用した業務効率化をはじめましょう。

まずはお気軽にご相談ください。お客様に合わせた最適なソリューションをご案内いたします。

お問い合わせ